行政書士西中法務事務所

会社設立,許認可申請,契約書作成といった企業法務のお悩み,相続,離婚といった民事法務のお悩み,車庫証明代行は千葉県柏市の行政書士西中慶一までご相談を

千葉県柏市で身近な街の法律家をやってます。TEL04-7136-2071


〒277-0863 千葉県柏市豊四季508-13コスモパレス307号

2014年

財産分与のチェック

世の中の離婚の9割は協議離婚、すなわちお互いの同意、意思の合致に

基づく離婚がほとんどです。

ご自身たちで納得の上のものですから、強行規定と呼ばれる

やりすぎだという内容以外については原則としてどんな内容であっても

有効です。

 

しかし。。。。。。

離婚した後の、特にシングルマザーとなって頑張っている女性に

お話を伺ってみると有効的な財産分与を経ているというケースが

きわめて少ないように感じられます。

養育費についてもアバウトで進んでいることも少なくありません。

気持ちが高ぶっているために、今すぐにでも別れたいというお気持ちは

理解できるところです。

ただ、離婚の際の財産分与(民法768条1項)は大事な権利です。

様々な境遇の方がいらっしゃるかもしれませんが、ここは

慎重に冷静な判断が求められます。

 

 

財産分与には、

清算的な意味合いを持つもの

扶養的意味合いを持つもの

慰謝料的意味合いをもつもの

大きく3つに分かれます。

よく想定されているのは1番目の清算的なものでしょう。

夫婦として婚姻を結んだ当時から積み上げてきた財産を

その貢献度にも応じて分配する。

これを必ず経るようにしましょう。

家事貢献も現在は大きく認められております。

仮に専業主婦であっても臆することはありません。

また、扶養的な意味合いのもの、一報が極度に困窮するような

場合にはそれも踏まえておくべきです。

子供の親権をもって育てていくなら養育費も要検討事項です。

そして、最後に慰謝料です。

これは、先述の財産分与とはさらに一線を画するものです。

したがって、有責配偶者(例、不倫)の側にはそのものに対して

別途慰謝料を請求できます。

相場としては50から300万円くらいといえるでしょうか。

もちろん、お互いの経済状況等もありますので、まずはお気軽にご相談ください。

そのほかの、年金手続き、車の手続き、不動産の手続きを含めて

スムーズな手続きのお手伝いをさせていただきます。

 

離婚協議書作成をはじめとした業務の案内はこちら。

相続に伴う車の名義変更~相続人以外の者の取得~

相続に伴う車の名義変更は少々書類も増え、各方面への押印をいただく手続きなど

なかなか一筋縄ではいきません。

そして、それも相続人以外の者に取得させたい場合にはさらなる困難を伴います。

もっとも、遺言を残していればこの壁は乗り越えることができますが、

そうでない方もたくさんいらっしゃるかと思います。

相続を扱う士業さんも車についてはやってないという方もいらっしゃるかと思います。

専門家の方からのご相談も受け付けております。

 

さて、相続人以外の者に車を取得させたいという場面であっても、そのためには

2段階の手続きを踏む必要があります(ダブル移転と呼ばれる)。

 

まず、①遺産分割協議書を用意し、相続人の1人に相続させる形式をとります。

この際には、②戸籍、除籍謄本等を用意する必要があります。

そして、これも1つの移転ですので、③OCRシート、④取得税申告書等の準備を要します。

また⑤取得者の印鑑証明書が必要です。

2段階目の移転として、前記相続人より、新譲受人への⑥譲渡証明書を必要とします。

また、この譲受人の⑦印鑑証明書、⑧車庫証明書も新たに取得する必要があります。

この車庫証明は発行されてから1か月の期間制限がありますので、

新たに取得する必要があります。

そして、最初の譲受人と新譲受人の⑨2人分の委任状を用意します。

手数料納付書に2件分1000円の印紙を貼る必要があります。

 

 

書類だけでもこれだけの量が必要となります。

また最初の段階で最終譲受人の車庫証明を取っておく必要があります。

最低でも2回の警察署訪問が必要ですし、書類作成からとなるとこの方の

実地調査も必要となりましょう。

そのうえで、押印もしっかりいただいておかねばなりません。

車庫証明を取得したのちも、管轄を違える場合には、車の持ち込みも

必要となります。

ご注意ください。

 

 

車庫証明からのセットでのご依頼の場合セット割引も設けます。

もちろん、場所によって料金の変更等ございますので、ご相談下さい。

お見積りは無料でお出しします。

 

TEL:04-7136-2071

MOBILE:090-7401-4912

お問い合わせフォームはこちら

 

 

 

 

相続に伴う車の名義変更

相続に伴う車の名義変更も、大事な相続手続きの1つです。

これのみのご依頼も喜んで承りますのでお気軽にご相談ください。

 

管轄の移転がなく、相続人の1人が単独相続するという

オーソドックスな場面での必要書類を整理します。

第三者に所得させる場合には、ダブル移転という形になります。

また別の項で書かせていただきます。

 

①申請書(OCRシート)

②取得税申告書

③手数料納付書

④遺産分割協議書(相続人全員の署名押印、実印で)

⑤取得者の印鑑証明書

⑥戸籍謄本、除籍謄本(被相続人と相続人の関係を示す必要あり

場合によっては遡って取得する必要があります)

⑦車庫証明書(使用の本拠が変わる場合)

⑧代理人申請の場合の委任状

 

これらが必要になります。

詳しくは管轄の陸運局に問い合わせる必要がありますが、

野田の陸運局は以上の通りで進めることが可能です。

 

 

車庫証明まで必要となる場合には、警察署に2度訪れる必要が

あります。

加えて、取得後1か月以内でないとその証明書は失効してしまうことに

ご注意ください。

 

 

車庫証明と名義変更のセットのご依頼も承ります。

相続に伴う名義変更  12600円~

車庫証明       8400円~

セットの場合     18900円(2100円割引)

注 野田の陸運局管轄の範囲を前提としております。

そのほか、相続人の人数4名までを前提としておりますので

それ以上の場合は変動がございます。

見積もりは無料で行いますのでお気軽にご相談ください。

 

info@nishinaka-houmu.com

お問合せフォーム

04-7136-2071

直通 090-7401-4912